さんまのすり身汁

岩手県の大船渡市を中心にした郷土料理です。 味付けしたさんまのすり身からさんまの出汁が汁に出てきますので、美味しい汁になります。 何度も煮込むことで、さんまの出汁が汁により溶け込んで美味しくなりますので、多めに作るのが普通のようです。

材料(4人分)

・さんま(新鮮で皮をはいであるもの):200g

・大根:200g

・人参:30g

・卵:1個

・豆腐:200g

・味噌:30g

・長ねぎ:20g

・塩:小さじ1/2

・醤油:大さじ1

・酒:大さじ2

  

1.さんまの身は、フードプロセッサーかミキサーですり身状にしておきます。

2.さんまのすり身に、味噌、卵、塩、醤油、酒を加えて混ぜ合わせます。

3.大根、人参はささがきに、長ねぎは、斜め切りしておきます。

4.豆腐は厚めの短冊状に切っておきます。

5.鍋で水を沸騰させたら、さんまのすり身をスプーンで小さ目にすくい取りながら入れます。

 小さ目にすくい取らないと、過熱によって膨らむのです。

6.15分くらい弱火でじっくり煮込んだら、大根、人参を入れます。

7.さらに煮込んで野菜が柔らかくなったら、豆腐を入れます。

8.沸騰したら、味見をしながら味噌を少しずつ溶き入れます。

9.長ねぎを入れて柔らかくなったら完成です。

↑ PAGE TOP