鍋こわし

鍋こわしは、カジカ汁とも呼ばれています。 カジカはカサゴの一種で、見かけはいけませんが味も歯ごたえも良いと言う逸品の魚です。 カジカ汁なら分かりやすいでしょう。鍋こわしでは地元北海道の人でも知らない事も多いです。 名前の由来は、美味し過ぎて鍋を取り囲んで具材を突っつきまわって、ついに鍋を壊してしまうほどだったと言う逸話から来ているようです。

作り方といっても、鍋や味噌汁に決まったレシピがないように、食べたい野菜を食べたいだけ一緒に煮ればいいのです。 基本の作り方を掲載しますので、自分なりにアレンジして作ってみてください。 材料(2人分)

・カジカ:300g

・大根:150g

・人参:1/2本

・じゃが芋:2個

・長ネギ:1/2本

・昆布出汁:3カップ

・味噌:50g

・酒:大さじ1

・塩:小さじ1/2

1.カジカはぶつ切りにして、塩を適量、振っておきます。(もちろん肝もいただきましょう)

2.野菜は適当な大きさに乱切りにしておきます。

3.昆布出汁を鍋に入れ火にかけ、大根、ニンジン、じゃが芋を入れます。

 煮立ったてから、カジカを入れます。

4.野菜もカジカも煮えたら酒を入れます。味を見ながら味噌を少しずつ入れます。

5.長ネギを入れたら完成です。

↑ PAGE TOP